介護ホームの地域交流

介護ホームは、地域とのかかわりのなかで充実、発展することができます。


単に地域のなかに施設があるということだけでなく、地域における福祉全般の拠点となることが重要です。

高齢者や障がいについて相談に乗ってもらえるなど期待を抱かれるような地域の生活を守るための機能を求められています。

地域に根を張り、地域と一体となって福祉活動を展開できるようになることが肝要であり、そのためにもさまざまな活動が大切になっています。

地域交流として施設見学があり、介護ホーム見学の希望があった場合、希望者の目的はそれぞれ異なっているため、受け入れの際には、目的、日程、内容などを把握しておく必要があります。
事前に資料などを整えておき、限られた時間を有効に使えるようにしておくことが大切です。



このとき、相手の目的が達せられるようにすることはもちろんですが、入居者の生活の場であるということも考慮し、プライバシーなどにも気を配る必要があります。

また、見学終了後に意見交換の場を設けることにより、一方的な見学に終わることなく、交流や情報交流を行えます。



また、各種交流の受け入れをすることで、地域や各種団体などで活動しているサークルからの申し入れが発生します。

どんな人にも朝日新聞デジタルの便利な情報を集めたサイトです。

受け入れについては、介護ホームの業務、行事との調整だけでなく、相手側の目的を理解しておくことが必要です。

地域交流を行うことは開かれた施設運営につながり、施設の良い印象につながります。


top