介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームの職場外研修は、職務命令によって、一定期間職務を離れて行う研修です。


職場内研修では機会の少ない専門的な知識や技術などを受けることができます。
また、他の施設の職員との交流ができ、相互啓発や情報交換のよい機会となります。
職場外研修は、介護付き有料老人ホームなどの施設でつくる団体、社会福祉協議会、福祉関係団体などで多様な研修が実施されています。

施設から指示された場合はもちろんですが、自分の目的にあった研修に積極的に参加されています。

職員の資質の向上は、入居者の生活の質の向上につながります。


生活相談員が専門職としての向上心をなくしたとき、他の職員はもちろん入居者の信頼を損ない、基本的な役割の達成ができなくなります。

日々の援助のなかで問題意識をもち、批判、批評ではなく、問題の本質は何であるかを科学的な視点で理論化し、実践において具現化していきます。


職場外研修に積極的に参加することで、スーパービジョンを受ける機会をつくり、自己研鑽に努めることが大切です。

からきゅれ情報サイトを活用しましょう。

職場内で研修会を実施する場合は、研修担当者や研修委員会の計画した研修の目的や内容、対象スタッフの参加などの結果がうまくいくように調整・支援が必要です。



介護付き有料老人ホームとして、あらかじめどのような形態や範囲で援助するかを研修計画にうたうことが必要です。

職務をしながら、今求められている専門性のレベルアップや資格取得をすること、個人の努力だけでは困難を来すものです。

老人ホーム紹介情報サイトを活用しましょう。

top